1955
昭和30年6月
国内初となる「シキボウ・カラーシーツ」を発売。
 1955(昭和30)年6月、国内初となる「シキボウ・カラーシーツ」を発売。シーツは白いものという固定観念を打ち破り、全7色(スカイブルー、ベビーピンク、サーモンピンク、グリーン、クリーム、イエロー、白)を揃え、お年玉つき年賀はがきの賞品としての採用や、天皇・皇后両陛下ご使用のシーツとして、宮内庁から注文があるなど、爆発的な人気を呼んだ。
 以後、先染によるストライプ柄やタオルシーツ、ポリエステル・綿混紡のシーツまで数多くの組み合わせ商品を加え、当社の二次製品の根幹として業績を伸ばしていった。
「シキボウ・カラーシーツ」のポスター