1965
昭和40年11月
新本社ビル「敷島ビル」を新築。
 業界未曽有の不況という難局を克服するべく、当社は営業活動の拡大、工場生産設備の更新、経営管理体制の強化に努めてきた。
 その一環として1965(昭和40)年11月、大阪市東区(現・中央区)備後町3丁目に新本社ビル「敷島ビル」を新築した。本社ビル内では、電話と同様に呼び出した相手にテレタイプで通信するテレックスが導入された。
 また、NEAC(ニアック)2200 電子計算機を導入、機械計算課に30名を配属して1966(昭和41)年1月に本格的な活動を開始した。
「敷島ビル3階テレタイプ室