1971
昭和46年5月
敷島カンバス㈱は、帆布の生産と営業権を他社へ譲渡。
 敷島カンバス株式会社は、75年間にわたって帆布の製造と販売を行ってきたが、1971(昭和46)年5月、その生産・営業権を他社へ譲渡することとし、業界から完全に撤退することに。帆布は永年事業を支えてきた柱であり、業界No.1の地位を確保してきただけに、撤退については賛否両論あったが、将来的な展望の上に立って苦渋の決断を下した。
 なお、1962(昭和37)年、当時23歳の堀江謙一氏が世界初の太平洋単独無寄港横断に成功。その冒険を支えたのは、当社が寄贈したマーメイドマーク入りの帆だった。
マーメイド号(堀江謙一氏所蔵写真)