1978
昭和53年3月
労使が一体となって「V8運動」をスタート。
 小林社長が就任し、早期の黒字化を目指していたが、労働組合側から「今の会社にみなぎる緊張感、盛り上がり感を、さらに充実したものとするため全社運動を展開してはどうか」と提案を受け、労使が一体となって1978(昭和53)年3月1日、「V8運動」をスタートさせた。「V8運動」の“V”は「Victory(勝利)」、“8”には「197“8”年3〜10月の“8”カ月間で黒字化を果たし、今後の発展と繁栄(“八”は末広がり)を目指そう」という意味が込められていた。
 その努力が実を結び、1979 (昭和54)年4月期に5年ぶりとなる経常利益の黒字化を実現した。
V8 運動決起総会(笹津工場)