1988
昭和63年7月
敷島カンバス株式会社と当社で、「ACMプロジェクトチーム」を発足。
 1981(昭和56)年7月、敷島カンバス株式会社の第3の柱として開発技術課を発足。7年間にわたり、同社独自の製織技術を活かして開発した三次元織物を強化複合材として成形した「ACM(先進複合材料)」の評価と開発を繰り返してきた。
 そして、1988(昭和63)年7月1日、当社の加工技術をACM 開発に活かすべく敷島カンバス株式会社と当社で「ACM プロジェクトチーム」を発足した。
 このACMプロジェクトでの事業展開は、今日の機能材料部門の複合材料分野に繋がっており、中核事業へ成長していくこととなる。
三次元編み物の製品