1990
平成2年8月
CI運動「VIVA21」をキックオフ。
 社内風土の活性化と従業員の一体感の醸成、社外に対する企業イメージの向上を主な目的として、CI(コーポレート・アイデンティティ=企業イメージ統一の活動)を実施することを決定し、2年間のプレ活動を経て、1990(平成2)年8月3日、CI運動「VIVA21」のキックオフを行い、山内社長を委員長とするVIVA21委員会を中心に、具体的な取り組みを行うこととした。
 運動期間の半ばを過ぎたタイミングで山内社長の辞任により1991(平成3)年7月31日、一旦中断とされた。同年10月1日には、委員会の解散によって事実上の終了となった。
「VIVA21」ポスター