1991
平成3年6月
坂本尚弘専務が13代目社長に就任。
 創立100周年を1年後に控えた1991(平成3)年6月27日、山内信社長が退任、坂本尚弘専務が13代目社長に就任した。坂本社長は、就任所信表明で「シキボウが変成し飛翔して、果実を得る楽しみを味わおう」と、全社員に対して呼びかけた。
 さらに、1992(平成4)年4月の総合幹部会議において、坂本社長は中期経営計画「ニュー・シキボウ・アクションプラン」を発表した。中期経営計画達成のため、経営トップから社員に至るまで全社運動として「MUST3」を展開、同年8月5日の創立100周年記念日にキックオフした。
13代目社長 坂本 尚弘