1993
平成5年3月
「ポリマー容器型避雷器」の開発に成功。
 電力中央研究所・音羽電機工業株式会社・株式会社レイケムとの共同研究により、「ポリマー容器型避雷器」の開発に成功。電気学会の開閉保護研究会において、4社連名で発表した。
 当社が担当した部分の技術は、酸化亜鉛素子を被覆する異形断面のFRP(繊維強化複合材料)円筒を、フィラメントワインディング技術で製造すること。製織工程を必要としない、極めて生産性に優れた成形法である。また、電気特性向上のため、成型品内部に性能低下の原因となる空気をまったく含まない、当社特有のボイドレス成形技術も活用した。
電力中央研究所でのフィールドテスト