IR情報…Investor Relations 株主・投資家の皆様へ―シキボウの経営情報、財務情報などをお知らせします。

情報開示方針

■ 基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に、正確な情報を誠実、公平かつタイムリーにお伝えすることをIRの基本方針としております。

■ 情報の開示方法

当社は、証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っております。適時開示規則の開示基準に該当する情報につきましては、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて公開するとともに、同一情報をすみやかに報道機関に提供し、当社ホームページにも遅滞なく掲載することとしております。

また、開示基準に該当しない情報についても、当社を理解していただくために有用と判断した場合は、当社ホームページ等において積極的に開示してまいります。

■ 業績予想について

当社が開示した情報の中に、業績予想など将来の見通しに関する記述が含まれている場合がありますが、これらは、発表時点の経営環境下において、入手可能な情報に基づいて予測または計画したものであり、その実現を確約・保証するものではありません。

■ 沈黙期間について

当社は、決算発表準備期間中に株価に影響を与える情報が漏れることを防ぐために、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」とし、IR活動を自粛いたします。この期間中は、決算内容に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきますので、あらかじめご了承ください。なお、沈黙期間中に、当社が公表した業績予想と実績値が大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表することとしております。

ページのトップへ