1993
平成5年2月
制菌加工「ノモス®」を開発。
 大阪府立公衆衛生研究所(現・大阪健康安全基礎研究所)の協力を得て、繊維上の細菌の増殖を抑制する制菌加工「ノモス®」を開発した。
 対応菌種は、黄色ブドウ菌種・肺炎桿菌・大腸菌・緑膿菌・モラクセラ菌をはじめ院内感染の主要原因菌であるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)にも効果がある。工業用洗濯にも耐えうる強い洗濯耐久性があるため、病院で使用される白衣や看護衣、シーツなどのリネン製品にも採用された。
 当社が強みとする衛生加工の代表ブランドとして現在も業界内で高い評価を得ている。
ノモス®