IR情報…Investor Relations 株主・投資家の皆様へ―シキボウの経営情報、財務情報などをお知らせします。

株主・投資家の皆様へ

シキボウ株式会社 代表取締役 社長執行役員 清原幹夫

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

このたび、シキボウ株式会社の社長を拝命いたしました 清原幹夫でございます。覚悟をもって、シキボウグループのさらなる発展のために全力で取り組んでいく所存ですので、今後ともご支援ご鞭撻賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、当社グループの第203期連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の概況につきましてご報告申し上げます。

当期のわが国経済は、企業収益や雇用状況に改善がみられ、景気は緩やかな回復基調となりました。しかしながら中国をはじめとする新興国経済の成長減速や原油価格の下落を要因として、2016年の初めから金融市場は急速に円高・株安の方向に進んでおり、景況感や企業業績への懸念が出て来ております。また個人消費では、所得環境の改善が進むものの、可処分所得の実質的な落ち込みにより消費支出は抑制される状況にあり、景気の先行きは不透明な状況で推移いたしました。

このような経営環境のもと、当社グループは平成27年4月から新たな中期経営計画「Challenge to the Growth NEXT stage 2015-2017」(通称“CG NEXT 15-17”)をスタートさせ、基本戦略に掲げております「新中核事業の発展的拡大」、「海外オペレーションの拡張と販売の伸長」、「基盤事業の選択と集中による収益向上・業容拡大」に取り組んでおります。

その結果、売上高は前年度を下回ることとなりましたが、収益面では構造改革効果が大きく発現したことにより大幅な増益となりました。具体的には、当期の連結売上高は456億76百万円(前期比3.5%減)、営業利益は30億77百万円(同25.3%増)、経常利益は25億11百万円(同30.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は12億96百万円(同21.7%増)となりました。

本年度は「CG NEXT 15-17」の2年目として、

(1)
 “稼ぐ力”をさらに磨き上げ、利益を社会に還元していく
(2)
 個性が輝く“ものづくり力”で、バリュー競争に勝ち抜く
(3)
 “環境変化対応力”を強め、変化を予測し、先手を打って対応する

といった3つの基本方針をさらに推進し、最終年度(2017年度)に連結売上高520億円、営業利益38億円、経常利益32億円、当期純利益18億円とする量的成長目標を達成すべく、業績と企業価値のいっそうの向上を目指してまいります。

当社グループでは、株主、ステークホルダーの皆様方に支持されるよう、法令順守、環境にやさしい企業として、社会的責任を果たしつつ、企業価値の向上を目指してまいります。

株主の皆様におかれましては、引き続きご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年6月
代表取締役 社長執行役員 清原幹夫

ページのトップへ