環境・安全…Ecology & Safety シキボウは、環境に配慮し、安全で安心な社会に貢献します。

太陽光発電への取り組み

富山工場内 メガソーラー施設

シキボウでは、環境やCSRが企業の最重要課題という認識に基づき、省エネや廃棄物削減・リサイクル活動に努めております。その一環として、富山工場内の遊休土地を有効活用し、最大出力約2,400kW(計画)を誇るメガソーラー施設を設置し、2014年より太陽光発電事業を開始。再生可能エネルギーの普及・拡充の取り組みを通じて、さらに社会に貢献していきます。

計画概要

設置場所富山市西大沢2727 シキボウ(株)富山工場内
最大出力約2,400kW
年間発電量約2,300千kWh(標準家庭の約600世帯分)
パネル総枚数9,954枚
CO2排出年間削減量:約1,160t-CO2 = 1年間で、スギの木約8万本分の植樹と同じ効果 = 1年間で、石油約2.9万缶分削減と同じ効果
CO2削減効果は、結晶系シリコン太陽電池:504.5g-CO2/kWhで試算。【年間推定発電量(kWh)×0.5045kg-CO2/kWh】
スギの木は、林野庁ホームページによる50年生のスギ1本あたり1年間に約14kgのCO2を吸収するとして換算。【CO2排出年間削減量(kg-CO2)÷14kg/本】
石油消費量は1kWhあたり0.227Lとし、石油1缶あたり18Lで試算。【年間推定発電量(kWh)×0.227L/kWh÷18L/本】

ページのトップへ